Home > メリケン写真現像所

2011.05.06

波止場の自由研究【3日目】フィルムカメラ研究会

ゴールデンウィークはメリケン画廊で楽しもう!の特別企画、
『波止場の自由研究』最終日3日目は、「フィルムカメラ研究会」が
開催されました!ワークショップの模様を臨場感あふれる写真を中心に
レポートします!

フィルムカメラ研究会も、ダークレス研究会と同様に、
マイ・フィルムカメラを持参頂きました!

●かわいいマイカメラですね♪

●さまになってますね♪

●長く愛用されているカメラですね♪

皆さんの自己紹介の後は、木下先生からのフィルムのお話と
フィルムカメラのレクチャーがスタート!
ここで今日の「フィルム現像」の方法について、みんなで確認です。

レクチャー後は早速フィルムを現像タンクにセットする過程に。
リールへのフィルムの巻き取りは、現像工程での重要な工程!
初めての方は木下先生自ら巻き取ります。 

経験のある方、希望の参加者さんは自分でチャレンジ!

フィルムをセットした現像タンクには、誰のものが入っているか目印を。
今回は神戸市北区、西区の方も参加されましたw!
(もちろん、神戸市外からも毎回各所からご参加頂いています!)

「ナニワ カラーキットN」という、カラーネガフィルム現像キットを
使用しての現像準備中!@メリケン写真現像所

いよいよ現像液を注入します!

現像液は、処理可能な上限まで、繰り返し使えます。
透明からだんだんと濃いピンク色に・・・

定着液は何ともいえない色です・・・
カラーネガフィルムの現像はこうやって進んでいきます!

水洗を経て、じゃーん!カラーフィルムがカラーネガに!!
自家現像しましたよ!

乾燥庫で乾燥して、一連の「カラーネガフィルム自家現像」が完了しました!

それぞれのフィルムカメラで撮った、大切なネガたち。
現像まで自分の手ですること自体が貴重な体験ですが、何よりも、

「発見して→シャッターを切って→現像して
 →写真になる(今回はプリント工程はしていません)」

という流れを体験して、写真を撮ることをより
リアルに感じる機会になりました!

今回の、フィルムカメラ&フィルム写真にフィーチャーした
「波止場の自由研究」、後日“研究結果発表会”が開催されます!
日時が決定次第お知らせしますので、お楽しみに。

そして、またの機会には、ぜひ今回参加できなかったフィルム
カメラをお持ちの皆さん、一緒にメリケン画廊でフィルム写真を
楽しみましょうね!

* * * * * * * * * * * * * * * * *

G.W.特別企画 『波止場の自由研究』 (※全日程終了しました)
http://meriken.jp/event12_appli/index.html

【1日目】 5/3開催 「ダークレス現像研究会」
【2日目】 5/4開催 「ピンホールカメラ研究会」
【3日目】 5/5開催 「フィルムカメラ研究会」

2011.05.04

波止場の自由研究【2日目】ピンホールカメラ研究会

ゴールデンウィークはメリケン画廊で楽しもう!ということで、
現在、フィルムカメラと写真にフィーチャーしたワークショップ、
『波止場の自由研究』を開催しています!

2日目の今日は「ピンホールカメラ研究会」が開催されました!
ワークショップの模様をレポートします!

◎ピンホールカメラとは・・・
通常のカメラのようにレンズを持たず、針穴を利用したカメラ。
写真を「写す」ことの原理がわかります。また撮影後、仕上がる
写真も、独特の味わいのある写真となります。

まずはカメラ作りから!みんなで「カメラ」作っています!

パーツを切り離し、組み立てていきます。カメラの形が徐々に分かってきたところですね!

 組み立て完了&なかなかの達成感!マイカメラが一つ増えました!

トイカメラが大好きな“あやきん”こと、村上先生よりピンホールカメラの
フィルムセットと撮影方法のレクチャーを受けて、撮影準備します!

慎重にフィルムをセット!今回はカラーフィルムを使用して撮影に出かけます。

上手くいく撮影ポイントを押さえて屋外に撮影へ出かけました!
こちらの写真(↓)が、ピンホールカメラでシャッターを切っている瞬間です!

撮影後には撮影データを記録。ワークショップでのデータは、
今後のピンホールカメラでの撮影に生かせます。

本日はカメラ制作→屋外での撮影実習でワークショップ終了!
みなさんのピンホール写真、楽しみですね♪

オプションでお受けした今日の撮影フィルムの現像&プリント後の写真は、
後日開催の『研究結果 発表会』で講評&講師からのアドバイスを受けて
頂けます!
他の波止場の自由研究・ワークショップに参加した方の写真も見られる
機会です♪

GW、フィルムカメラ&フィルム写真をフィーチャーした波止場の自由研究、
最終日の5/5(祝・木)は『フィルムカメラ研究会』です!

フィルムカメラでの撮影方法についてを改めてレクチャー。
“何のとなく知っている”が“分かって撮影している!”に変わるレクチャー。
そして、何よりカラーネガフィルムの現像体験で、また一歩奥深い写真の魅力に
近づく一日です。

みなさんのご参加お待ちしています!

* * * * * * * * * *

波止場の自由研究
【3日目】「フィルムカメラ研究会」 5/5(祝・木)開催!
(A日程)10:30~13:30  (B日程)15:00~18:00
詳細・お申込はこちら!
→ http://www.meriken.jp/event12_appli/index.html#E_3

2011.05.03

波止場の自由研究【1日目】ダークレス現像研究会

ゴールデンウィークはメリケン画廊で楽しもう!ということで、
5/3・4・5はフィルムカメラと写真にフィーチャーしたワークショップ、
『波止場の自由研究』を開催します!

 今回は、1日目の「ダークレス現像研究会」をレポート!

★ダークレスとは・・・暗室を使わず、明るい場所でもモノクロ
フィルムが現像できるキット。キットには処理タンク、現像液、定着液、
オープナーと説明書がセットされていて、すぐに自家現像が出来ます!

ワークショップ初めは、フィルムの構造・しくみなどを勉強!

今回ワークショップに参加の皆さんは、それぞれにマイ・フィルムカメラ
を持参。お家にあった、祖父、父から譲ってもらった、などなど、
カメラにもストーリーがありますね。
そのカメラを手にして、改めてフィルムカメラでの撮影のレクチャーを
受けます。

なんとなく撮れいていた事柄も、改めて学ぶと理解して撮れるよう
になります。

そして皆で撮影にGO!

モノクロで撮ると面白い被写体を探してパシャリ!

戻ってからは早速、ダークレスでの現像に取りかかります。
レクチャー通り、ケースにフィルムをセット。

薬品(現像液)を入れて、容器をぐるぐると回します・・・

約2分ほどで現像液の工程は完了!次は定着液を入れての
工程に移ります。

この工程も完了すると、フィルムケースからフィルムを取り出します。

自分で現像したフィルムと感動の対面!

その後は、ネガを乾燥させて完了です。

暗室設備がなくても「撮る→現像する」ができるダークレスでの
『自家現像』体験。
自分の手で作り上げていく過程が、シャッターを押すだけではない、
奥の深い写真の世界を知ることで、皆さんの写真の幅が広がる、
よいきっかけになるワークショップでした!

* * * * * * * * * * * * *

●フィルムカメラ&カラー現像体験のワークショップを5/5(祝・木)に開催!
ぜひご参加下さい。

波止場の自由研究 「フィルムカメラ研究会」
5/5(祝・木 )開催!

【A日程】10:30~13:30  【B日程】15:00~18:00
・定員: 各10名
(※定員が増えました!キャンセル待ちであきらめていた方、ぜひご参加下さい!)
・場所: メリケン画廊「波止場の学校」(05号室)・メリケン現像所
・講師: 木下アツオ先生

詳細・参加申し込みはこちら↓
http://www.meriken.jp/event12_appli/index.html#E_3

2007.06.24

楽しい!モノクロプリント。

昨日、6月23日(土)にモノクロプリントワークショップを開催しました!

出来上がった作品を並べると、それぞれの個性が出ていて、面白い!
被写体はもちろん、撮る人が変わると、こんなにも違うんだな~と、あらためて感心。

モノクロプリントだけでなく、カメラや写真全般の話しで、盛り上がったりして、
それが結構、楽しい訳で・・・。

このZeiss Ikon、とってもオシャレなカメラ。
みんなのマイカメラを見せてもらうのも、楽しみのひとつ。

また、来月もモノクロプリントワークショップを開催する予定です!

2007.05.29

感動 モノクロプリントワークショップ!vol.3

モノクロプリントワークショップの様子(続き)をアップします。

先生のデモが終わると、各自プリント作業開始。
ネガをネガキャリアにセット!
フィルターをチェック!
ピントを合わしたら、次は印画紙に露光!

じゃ~ん!
初めてのモノクロプリント!出来ばえはいかが?
何度か、テストプリントをして、
自分のイメージした作品を仕上げました!
プリントを水洗し、仕上げ液に付けて、
最後は乾燥機にかけます。

みんな、初めてとは思えない仕上がり。
お店プリントとは、一味違う作品作りに大満足。
メリケン画廊ラボで、お茶を飲みながら、
出来上がった作品を鑑賞。

思ったより、簡単に出来るモノクロプリント。
また、少しだけ、モノクロプリントの輪が広がりました。

みなさん、お疲れ様でした!

2007.03.01

その名は、メリケン写真現像所。

メリケン画廊の隣に、メリケン写真現像所が誕生しました。

世間では、デジタルカメラに注目が集まっていますが、
私たちは、アナログ回帰・・・。

メリケン画廊を運営する有限会社時代は、ものづくりを大切にすべく、
暗室を作ってしまいました。

神戸には、暗室って、そんなにないですし、
フイルムを愛する人たちが集って、良い作品が生まれると嬉しいですね。

*Photo by Kinoshita